2006年07月02日

外に出て英語を学ぼう!

「外」とは

・家の外で、生の外人と話そう
インターネットを利用して、楽しく学ぼう

の意味があります。(このブログのメインは後者です)

なんの「外」か?

もちろん、学校英語から飛び出して、本当の英語に触れよう!という意味です。

「実践、実践、また実践」スピリッツ
です!

学校英語と言っても、全てを否定する気はありません。
なぜなら、存在しないほうが生徒の為という先生から
この先生がいたから英語をやる気になったというすばらしい先生
まで、「ぴんきり」だからです。

でも、初心者を除いて全ての人にふさわしい教科書は、生で使われている
「現場」の英語だと思います。

伊藤サムさんという、ジャパンタイムズで記事を書いておられた方が
います。この方は、あのジャパンタイムズに入社できた、英語ばりばり
の新入社員に対しても、幼稚園児レベルの本から読むように指導し
本を身長の2倍読め!と言ってます。

”日本語を介するやり方だと、ある程度までは「早く」伸びるが
そこから伸び悩んでしまう。遠回りに見えても、結局、やさしい
英語を多量に読むことが実力upにつながる”

という趣旨のことを言われています。

大賛成です。

英語を日常的に使う仕事をしている人など以外は、受験の時に
覚えた難しい単語など、数ヶ月で忘れることは私が保証します。

だって、日常的に使われるのは英検2級くらいあれば十分なものばかり
で、難しい単語なんて、文学小説などを除いて、そんなに出てこない
ですから! 出くわさない⇒復習できない⇒忘れちゃう という
流れですね。

「生」の英語は、「やさしい単語を使っているものが多いのに
意味が分からない」というものが結構多いんです。

つまり、文法重視の学校英語だけでは、テストでは良い点がとれるけど
生の英語をすんなりと理解できないんです。

これじゃ、なんの為に時間を割いたかわかりませんよね?

私も、テストのコツをつかんでいるので、結構良い点はとれるのですが
ネイティブの小学生あたりが読む小説などを読んでも、???となる
ことが多いです。

初めから、「生」の英語に触れて、そこで使われている、単語、文法
言い回しを覚えれば、役に立ったのにと思います。だって、「生」で
使われているということは、そういう英語を使う人が多いということ
で、何回も同じ表現に出くわすことができる(=復習できる)という
ことですから。

で、このサイトでは、私が面白いと思った海外サイトを多少の日本語
解説を加えて紹介していこうと思っています。

「英語の勉強法」などを、「日本語」で読んでいる時間があるなら
少しでも英文を読んだ方が良い!


これは、本当に英語をできるようになりたいなら、肝に銘じておいた方が
良いと思います。

では、「現場」で、お互い学びましょう!!

 




posted by 現場監督 at 05:54| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログに関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。