2006年07月03日

外国語の記憶法

Mindtoolsというサイトがあります。
まあ、色々なノウハウが書かれているページです。
その中に、「記憶法」についてのページがあります。

日本語の本にも、記憶の技術について書かれているものが多くありますが
英語を実践で勉強しようという人は買う必要ないですよね。だって、このサイトで、ただで勉強できるんですから。(一石二鳥)

冒頭だけ、訳を付けて紹介します。

How to... Learn a Foreign Language

Foreign languages are the ideal subject area for the use of memory techniques.
外国語は記憶法を使うのにぴったりの分野です。

Learning vocabulary is often a matter of associating a meaningless collection of syllables with a word in your own language.
ボキャブラリーを身に付けるには、連想がものを言います。意味の無い
音の集まりを、母国語の単語に結びつけるのです。

Traditionally people have associated these words by repetition - by saying the word in their own language and the foreign language time and time and time and time again.
今までは、覚える単語と訳語を何回も何回も繰り返し言うことに
よって頭に刻み込むのが普通でした。

You can improve on this tedious way of learning by using three good techniques:
こんな退屈な方法の代わりに、3つのすばらしいテクニックを使いましょう。

***
テレビとかで、50くらいの物の名前を記憶するとかよくやってますが
あれは、この記憶術をつかえば誰にでも出来ますよ。

私は、中学校の時に初めて、ある雑誌で記憶の方法を学びました。
読んですぐに試したくなって、友達に50個の名詞を挙げさせて
全部記憶することが出来ました。出来ない人は、今はやりの脳年齢
で、80歳位かもしれませんよー。 やばいですよ。

それでは、実践英語がんばりましょう!

【関連する記事】
posted by 現場監督 at 03:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の翻訳付海外サイト紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20188445
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。