2006年07月02日

OL進化論で英語を学ぶ



この4コマ漫画は最高です!私は、自称 ”お笑いにうるさい”人間ですが
これは、おもしろい! 英語に関係なく読んで欲しいと思います。

でも、ここは、英語を勉強するサイトなので、例を挙げて、漫画で英語を
勉強するすばらしさを伝えて行きたいと思います。

難しいと思いますが、日本語を読んで、自分でそれに対応する英語を考えて
みてください。

・(ボーナスの額をあてっこする時に)一円の単位まできちんとね。
Your guess has to be exact, down to the last yen.
(これ、難しいですよねー。でも、簡単な英単語だけでしょ?)

・(長い列が出来てる店の人が)はい、ごめんね。今日はこの人まで。
Sorry, only up to here today.
(日本語に引きずられて、この人までを訳そうとしたら大変ですね)

・(家に帰るのが遅れて)やべーもう一時まわってるよ。
Oops! It's already after one!
(「まわってる」っていう日本語に引きずられると難しいよね)

・それじゃ、また出直しますので、よろしくお伝えください。
I'll come again then. Please convey my greetings to him.
(出直すってなんていうんだっけ、なんて考えたら終わりですね)

少しの例でも分かると思いますが、日本語(言葉)を訳そうとしないで、感覚を訳さないと、英語にするのが難しいのが分かりますよね?

英語を多量に読むのと平行に、対訳で勉強するのはものすごく役に立つと思い
ます。あの、シュリーマンも対訳で勉強してますからね。


posted by 現場監督 at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画で楽して学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20151472
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。