2006年07月02日

英語のリスニング。これがただでいいの??

私は、貧乏人の見方です。
(お金持ちの方は、私に味方してください!)

英語の初心者には不向きかもしれませんが、ある程度
できるのであれば、

http://www.esl-lab.com/

ここが、最高ですね。

子供から大人までが、普通に話す英語が聞けるし、内容が豊富だし。

ただ、難を言えば、日本語の解説がないことかな。
(無い方が良いとも言えるけど)

このサイトに関しては、「この問題のこの表現がわからない。教えてちょ」
と質問してくれれば、できるだけお答えいたします。
(分からない場合、堪忍してください)

では、お互いがんばりましょう!

posted by 現場監督 at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | リスニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英辞郎と仲間たち

コンピュータを持っている人で、英語をまじめに勉強しようとしている人が
これを知らないと、損でしょーというソフトの紹介。

英辞郎は知ってますよね? 市販の辞書より、実践色が強い辞書です。

「アルク」http://www.alc.co.jp/ で無料使用できますが、それだけじゃ
もったいないです。

本屋で、英辞郎のデータ&検索ソフト(pdic)を含むものが売られてます。

これを買って、インストゥールすると、いいことが起こります。

海外サイトを見てわからない単語があったら、右クリックすると英辞郎が
意味を表示してくれます(別途、フリーソフトが必要ですが、すぐにインストゥールできます。購入した本に説明書きがあります。)

自分だけの辞書を作れます。
例えば、英辞郎には単語の意味は載ってますが、例文がそんなには載ってません。でも、自分の辞書を新しく作って、そこに例文を登録出きちゃうんです。

まあ、とにかく、怠慢な人間は、これを使わないと損ですよ。







posted by 現場監督 at 08:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 便利なソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映像音声再生ソフト。区間リピート、スピード調整。最高ですね。

スピードを0.5〜2倍まで変えられます。
映像の早送り、巻き戻しをキーボードでできます。
複数の映像を同じソフトで同時に見れます。

これは、英語を勉強する人にとっては、かなり有利なソフトだと思います。
巻き戻しの時間は自分で設定できます。(1秒ごとか、10秒ごとかなど)

つまり、聞き取れない音があったら、←を押せば、自分が設定した秒数だけ
巻き戻って再生してくれます。


http://hp.vector.co.jp/authors/VA032094/Mediaunite.html
posted by 現場監督 at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 便利なグッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネイティブの日記で、英会話をマスター!

今、「英語で日記を書きましょう!」みたいなのがはやってますよね。

私も、その手の本を図書館で借りてきて勉強しました。(貧乏で本を買えないので)
いやー、簡単な日本語なのに、英語にするのは難しいですねー。

私が思うに、できないのは、日本語に引きずられてしまうからです。

この、「日本語と英語の思考法の差」を埋められれば、中級位の実力の人なら
英語をかなり話せるようになると思ってます。これに関しては、今研究中なので
そのうち、どこかで公表しますね。

で、どこで勉強すれば良いかと言うと、これはどうでしょう?
http://www.opendiary.com/

別に、どこのサイトでもいいんですよ。

diaryで検索すれば、いくらでも見つかると思います。

自分が好きなところで勉強するのが一番ですよ。

「勉強」という言葉アレルギーの人が多くいると思いますが、
そういう人は、自分自身の言葉を考えてくださいね。

たとえば、「楽勉」とかね。

あ、重要なことがひとつ。

この手のサイトは、ネイティブが思いつくままに書いています。
ということは、文法的に言ったら、間違っている所も多々あるはずです。
ですから、わからないところにあまり執着しないで、分かるところで
面白い表現とかを勉強してみてください。
(スペル間違いとかもあるので、「感覚」で読むのがいいかと思います。)

お互い、がんばりましょう!

おもしろい、日記サイトがあったら教えてね!






posted by 現場監督 at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

音楽で英語勉強!!

自分でCDを持っている場合は、歌詞カードを見れますが、それも
面倒くさいですよね?

FMで突然、良い局に出くわしたら、なんて歌ってるんだろう?と
思いますよね?

そんな時、便利なのが
http://lyricsfly.com/
です。

lyricというのが、「歌詞」と言う意味なんですが
この英単語で検索すると、意外に多くのサイトが見つかります。

私も、色々なサイトをチェックしたんですが、今の所、見つけたい曲を
ここで見つけられることが多いので、皆さんに、お知らせします。

曲名を知らない? じゃあ、バンド名で。バンド名知らない??

じゃあーーーーーーーーーね。


posted by 現場監督 at 07:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 役立ち海外サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

異性が英語力を伸ばす! 6ヶ国語の秘密

以前、多言語修得に興味があって、6ヶ国語くらい話せるという某大使館の主席領事にインタビューをしたことがあります。

まあ、ラテン系と言うこともあるのでしょうが、

「言語を学ぶ上で、何が一番大切ですか?」 と尋ねると

「Girl」

「・・・^O^・・・^^;」

となったことがあります。

領事がそんなこと言っていいんかい!と突っ込みたくなりましたが
ラテン系なので、まあそんなものかと、納得しておきました。

反対する人いないですよね??

だったら、海外ペンパルを作りましょう!

私のお薦めは次の2つ。(実は日本人が増えるのが嫌なのであまり
教えたくないんですが、このブログ、まだ影響力がないのでいいかなと・・)

http://www.japan-guide.com/local/?aCAT=2
(かなりの書き込みがあります。老婆心で書きますが、いい人ばかりとは
限らないので、書く内容には注意してね!)

http://www.nk.rim.or.jp/~hirokun/
ここは、写真付で見れます。(本人かどうかは分からないけどね)
若い子が多いので、検索ワードにjapaneseを指定すれば、日本の
ファッション、音楽、俳優、映画などに興味津々の人を見つけられます。
好きなことを書くこと以上に英語力を伸ばすことができる方法を知らない
ので、○○オタクの人は、すぐにペンパルを見つけましょう!!
私も、ここで何人か友達を作って、分からない英文を ”これどう言う感覚
で使ってるの?”と質問して、教えてもらったことがあります。


「性心一等、なにごとかならざらん」

がんばりましょう!

わたしのこの記事を見て、いい友達ができたら、是非教えてね!
みんなのうれしい感想が励みです!!




posted by 現場監督 at 06:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ペンパル探し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外に出て英語を学ぼう!

「外」とは

・家の外で、生の外人と話そう
インターネットを利用して、楽しく学ぼう

の意味があります。(このブログのメインは後者です)

なんの「外」か?

もちろん、学校英語から飛び出して、本当の英語に触れよう!という意味です。

「実践、実践、また実践」スピリッツ
です!

学校英語と言っても、全てを否定する気はありません。
なぜなら、存在しないほうが生徒の為という先生から
この先生がいたから英語をやる気になったというすばらしい先生
まで、「ぴんきり」だからです。

でも、初心者を除いて全ての人にふさわしい教科書は、生で使われている
「現場」の英語だと思います。

伊藤サムさんという、ジャパンタイムズで記事を書いておられた方が
います。この方は、あのジャパンタイムズに入社できた、英語ばりばり
の新入社員に対しても、幼稚園児レベルの本から読むように指導し
本を身長の2倍読め!と言ってます。

”日本語を介するやり方だと、ある程度までは「早く」伸びるが
そこから伸び悩んでしまう。遠回りに見えても、結局、やさしい
英語を多量に読むことが実力upにつながる”

という趣旨のことを言われています。

大賛成です。

英語を日常的に使う仕事をしている人など以外は、受験の時に
覚えた難しい単語など、数ヶ月で忘れることは私が保証します。

だって、日常的に使われるのは英検2級くらいあれば十分なものばかり
で、難しい単語なんて、文学小説などを除いて、そんなに出てこない
ですから! 出くわさない⇒復習できない⇒忘れちゃう という
流れですね。

「生」の英語は、「やさしい単語を使っているものが多いのに
意味が分からない」というものが結構多いんです。

つまり、文法重視の学校英語だけでは、テストでは良い点がとれるけど
生の英語をすんなりと理解できないんです。

これじゃ、なんの為に時間を割いたかわかりませんよね?

私も、テストのコツをつかんでいるので、結構良い点はとれるのですが
ネイティブの小学生あたりが読む小説などを読んでも、???となる
ことが多いです。

初めから、「生」の英語に触れて、そこで使われている、単語、文法
言い回しを覚えれば、役に立ったのにと思います。だって、「生」で
使われているということは、そういう英語を使う人が多いということ
で、何回も同じ表現に出くわすことができる(=復習できる)という
ことですから。

で、このサイトでは、私が面白いと思った海外サイトを多少の日本語
解説を加えて紹介していこうと思っています。

「英語の勉強法」などを、「日本語」で読んでいる時間があるなら
少しでも英文を読んだ方が良い!


これは、本当に英語をできるようになりたいなら、肝に銘じておいた方が
良いと思います。

では、「現場」で、お互い学びましょう!!

 




posted by 現場監督 at 05:54| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログに関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。